商品サンプル作りに最適|オフィスに3Dプリンターを取り入れよう

断面形状を積み上げ印刷

3Dプリンター

様々な方法で樹脂を積層

3Dプリンターの基本的な仕組みは、コンピュータで設計された3Dデータの断面形状を樹脂などを積み上げて作成していくというものです。つまり、設計図の立体を1μm〜数μmに輪切りし、それを少しづつ積層し立体を作っていくということです。しかし、仕組みは同じでも、作成方式には様々な物があります。まず、代表的な3Dプリンターに「熱溶解積層方式」のものがあります。この方式では、ABSやポリカーボネートなどの溶解させた樹脂をプリンターヘッドで押し出しながら積み上げて立体物を作ります。また、「インクジェット方式」もあります。これは、液化した材料やバインダをを噴射して積み上げていく方式です。カラーインクを使用してカラー造形物を作成することもできます。さらに、複数素材を混ぜ合わせると、様々な硬度の造形も可能です。以上にあげた2つの方式の3Dプリンターは低価格となっており、導入しやすいものとなっています。高価な3Dプリンターには、「光造形法」のものがあります。これは、紫外線を照射することにより硬化する樹脂を用いた造形法です。高精細で滑らかな造形が可能です。他に「粉末法」があります。これは、素材の粉末を層状に敷き詰め、レーザーを照射して直接焼結したり、バインダを添加して固めたりする方式です。ナイロンや青銅といった素材にも対応しており、鋳造に匹敵する造詣が可能です。これらのさまざまな3Dプリンターは、活用シーンに合わせて方式を選び導入していく必要があります。

婦人

適切な電話代になる

IP電話は、インターネットと同じ通信技術を適用することで、割安な料金で利用できる電話サービスです。通話料は長距離になるほど相対的にお得になります。また、相手先も同じIP電話の場合は通話料を無料にすることも可能です。

3Dプリンター

置く場所と性能で選ぶ

業務用3dプリンターは、ほとんどが大型の装置で置く場所によっては排熱が激しくなり、音も大きく感じるようになります。実務で障害が出るほど危険なことはないですが、置く予定の場所に合わせて3dプリンターを選ぶのが一番です。

インク

オフィスで使うコピー機

オフィスで使用されるコピー機には、トナーを使用したものがお勧めです。トナーはインクと比較して、多く印刷するときのコストダウンが見込めるなど、オフィスでの使用に向いています。そうしたコピー機の中でもシャープ製の製品はリサイクルなどにも力を入れることによってコストダウンに成功しています。

Copyright © 2017 商品サンプル作りに最適|オフィスに3Dプリンターを取り入れよう All Rights Reserved.