賃貸不動産の探し方に欠かせないコツとは?
ロゴ

理想的な賃貸不動産を探して!賃貸物件選びのチェックポイント

失敗しやすい不動産会社選び

現在では不動産会社は数多くあり、京田辺市だけでみても、その数はかなりあります。そのため、不動産会社選びで失敗してしまうということも少なくありません。安心して不動産から物件を購入もしくは賃貸する場合には、避けるべき不動産の特徴を知っておきましょう。

避けるべき不動産会社の特徴ベスト3

婦人
no.1

宅地建物取引業の免許を持っていない不動産会社

不動産の取引を事業として行なうには、宅地建物取引業法に定められた免許が必要になります。つまり、宅地建物取引業の免許を持っていない会社は悪質業者の恐れがあります。免許には、国土交通省の免許と都道府県知事の免許の2種類ありますが、どちらもきちんと所得している不動産会社を選びましょう。

no.2

広告表現が目立つ不動産会社

不動産公正取引協議会では、表示内容を裏付ける確かな根拠がある場合以外には、抽象的な用語の使用を禁止しています。しかし、当然、グレーゾーンもあり、「激安」「物件数NO.1」といった強気過ぎる広告表現を使う不動産会社もあります。こうした煽り文句が多い会社は避けるべきでしょう。

no.3

駅前に店舗を構えている不動産会社

駅前にある不動産会社は、その立地条件から賃料が高く、ノルマも高めに設定されています。そのため、広告料金が載った物件ばかりを紹介されてしまうケースも多いです。自身が納得できる物件をきちんと選ぶためには、駅前に店舗を構えている不動産会社は避けるべきかもしれませんね。

賃貸不動産の探し方に欠かせないコツとは?

模型とお金

家賃は月収の1/3を目安に考える

家賃というものは、月収の1/3以下が一般的な目安だと言われています。そのため、京田辺市で賃貸不動産を探す際には、自身の月収から計算して予算を組みましょう。また、学生の場合なら、仕送りから生活費を差し引きした費用を家賃に充てるといいです。

ウーマン

通学・通勤時間が短い立地条件がベスト

通学・通勤時間が短いということも、賃貸不動産選びでは重要となります。例えば、イラスト専門学校への入学が決まっている方なら、その学校から近い場所で賃貸不動産を選ぶことが望ましいです。仮に、学校・職場周辺にいい物件がないとしても、なるべくアクセスがいい物件を選びたいところです。

男女

収納やレイアウトも考慮した方がいい

収納やレイアウトは一人暮らしにおいて、おしゃれの面で大きな役割を果たすことも多いです。置きたいインテリアの大きさや数などを予め計算しておき、最適な間取りの物件を選ぶといいでしょう。また、一人暮らし用のワンルームを選ぶなら、クローゼットが付いている物件を選ぶといいです。

住宅

女性の場合には夜の明るさも大切になる

賃貸不動産を探すときには、昼間に下見することも多いですが、女性の場合には夜の環境もチェックしておきましょう。それほど、街の様子や環境は夜になるとガラリと変わり、女性の場合、夜道の一人歩きでは非常に危険です。女性の方で一人暮らしする場合には、夜中でも明るい住宅地が望ましいでしょう。

広告募集中